【宿泊記】ホテルメトロポリタン丸の内の魅力と感想(地上200mの絶景ホテル)

ホテル宿泊記

2021年9月、東京都千代田区にある「ホテルメトロポリタン丸の内」に泊まりました!

ホテルメトロポリタン丸の内は、東京駅からダイレクトアクセスという好立地のロケーションであり、観光での宿泊だけでなく、商談や接待、ゲストのお迎えにも非常に喜ばれるホテルになっています

スポンサーリンク

東京駅八重洲口の北側、サピアタワーの27階から34階にホテルはあり、27階がロビー、それより上の階が客室となっています

上の写真は、27階のフロントから見上げたものです

口の字のように吹き抜けとなっており、囲むように客室があるため、全室都内の絶景が見えるようになっています

ここでは、泊まって気づいた魅力、泊まった感想を述べていきたいと思います

スポンサーリンク

ホテルメトロポリタン丸の内とは

ホテルメトロポリタンは、JR東日本が運営するホテルブランドの一つです

仙台や盛岡など、JR東日本の主要駅を中心に、14ホテルあります

その中でホテルメトロポリタン丸の内は、2007年開業のホテルですが、内装・外装ともに綺麗で清潔感漂うホテルとなっています

スポンサーリンク

絶景の客室

今回泊まった客室はコーナーツインルームです

このような感じの部屋となっています

この角度からカーテンを上げ、電気を消すと、

都内、丸の内周辺の夜景が一望できます

スマホでの撮影のため、少しぼやけも入っていますが、部屋の電気を消して見る夜景は絶景でした

スポンサーリンク

方角は北西側向きの部屋となっています

朝になるとソファーに座って見る景色がまた良いです

西に目を向けると高層ビルと皇居が拝見でき

北に目を向けると北関東まで一望できます

下には、東北新幹線や山手線が走っているのも見えます

スポンサーリンク

客室内を少し紹介します

ベッドの間の様子です

アーモンドチョコレートが入ってました

スポンサーリンク

コーナーの様子

座り心地の良いソファーに座って、お酒や珈琲を飲みながらゆったりできます

カーテンを上げると夜景を見ながらゆったりできます

こちらはソファーの隣の机です

仕事作業やパソコン作業ができます

コーヒーも客室で作ることができます

ボタン一押しで注がれるのも便利です

甘くて軽やかなヴォリュートと、風味豊かでフルボディのストックホルム・フォルティア・ルンゴが2つずつついています

クローゼットの中にはアイロンとアイロン代もついているため、シャツのシワも翌日には直せます

スポンサーリンク

お風呂

客室にあるお風呂は、夜は都内の夜景を見ながら浸かることができます

昼は絶景を眺めながら浸かることができます

スポンサーリンク

隣の脱衣所、洗面所の様子です

広い洗面所には夜と朝とお風呂に浸かれるよう、多めにバスタオルやバスローブがついています

右には洗面具やドライヤー

左には歯ブラシなどのアメニティが置いています

洗面台の反対側はトイレです

清潔でとても綺麗です

スポンサーリンク

朝食・レストラン

ホテルメトロポリタン丸の内HP

ホテルメトロポリタン丸の内は、27階にフロントと同階にレストランがあり、朝食やランチ、ディナーで利用することができます

店内はどの席からも都内の景色を一望でき、様々な用途に応じて下の写真のような個室やボックス席があります

ホテルメトロポリタン丸の内HP
ホテルメトロポリタン丸の内HP

朝食は、朝6:00から10:00まで営業しており、豊かな朝のひとときで、和洋ビュッフェを楽しめます

ホテルメトロポリタン丸の内HP

ホテルメトロポリタン丸の内では、朝食を客室で食べることができる、朝食ルームサービスも行っています

ホテルメトロポリタン丸の内HP

客室はレストランより上の階にあるため、レストランより良い景色でゆったり食べることができます

新型コロナウイルス感染症対策として、人との接触を減らすという点でも、良いサービスです

朝食ルームサービスでは、和食と洋食が選べます

スポンサーリンク

他に、誕生日やサプライズの演出に、フレンチのパティシエによるケーキのルームサービスも行っています

ホテルメトロポリタン丸の内HP

カップルや夫婦の記念日の利用にも最適です

スポンサーリンク

アクセス

ホテルメトロポリタン丸の内は、東京駅直結のホテルとなっています

八重洲北口、日本橋口を出ると目の前にあります

大手町駅からも直結です

雨の日も傘がなくても移動でき、大変便利です

スポンサーリンク

まとめ

今回は、東京観光にホテルメトロポリタン丸の内に宿泊しました!

地上200mの絶景・夜景を楽しむことができる客室に泊まれる良い旅になりました

コメント

タイトルとURLをコピーしました