【株式投資】配当金が年間20万を超えることの意味・もたらす効果

株式投資

先日、年間配当金が20万円を超えました

20万円の配当金というのは、新卒社会人の1ヶ月分の給料に相当します

決して低い金額ではなく、1年間働くと、1ヶ月分の給料が追加で渡されるようなものです

また、年間20万円というのは、月に平均すると1万7000円ほどになります

1日あたりで換算すると、約550円になります

時給1,000円と仮定すると、200時間分の自由を手に入れたことになります

今回は、年間配当金20万円でできることについて述べていきたいと思います

スポンサーリンク

年間配当金20万でできること

年間20万円でできることについて、3つに分けて紹介していきます

スポンサーリンク

生活費をまかなえる

まず、生活費をまかなうことができるようになります

一般的に、光熱費・通信費の平均は下記に示すとおりとされています

  • 電気代:5,000円
  • ガス代:4000円
  • 水道代:3000円
  • 通信費:3000円

合計すると、1万5000円になります

食費や家賃まで払おうとすると足りませんが、それ以外の光熱費・通信費については配当金で賄うことができるようになります

スポンサーリンク

投資額が増加する(入金力がアップする)

当然のことながら、配当金を再投資することで、入金力がアップします

20万円の株を買うと、下記銘柄で買える株式数は下記に示すとおりとなります

  • QYLD:80株
  • SDIV:140株
  • SPYD:50株
  • VT:18株
  • VTI:8株

年間でこれだけ増やせるとなると大きいですね

配当金再投資は福利の力を最も享受できる手段になります

スポンサーリンク

お小遣いがアップする(趣味に費やせる)

生活費や投資に使わないとなると、手元に残ります

すると必然的にお小遣いとして入ります

20万円をお小遣いとして使う例は、下記に示すとおりとなります

  • 本130冊(1冊1500円と仮定)
  • 映画鑑賞150回(1回1300円と仮定)
  • スポーツ観戦40回(1試合5000円と仮定)
  • 国内旅行4回(1回5万円と仮定)
  • 海外旅行1回(1回20万と仮定)

このように、20万をお小遣いとして使うと、かなり遊ぶことができます

最近ではアマゾンプライムやネットフリックスなど、サブスク契約をしている人も多いかと思いますが、余裕でまかなうことができますね

スポンサーリンク

まとめ

年間配当金が20万を超えると、生活の質が大きく向上すると思います

1日あたりで考えると、約550円が入ることであり、毎日の昼食代になります

10年間で考えると、200万円が入金されることに等しく、10年ごとに新車を購入することもできます

私自身は、年間配当240万(毎月20万)を目指しているため、20万ではまだまだ満足はしていませんが、その過程における配当金がもたらす効果を励みに、今後も資産運用を行っていきたいと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました